Bio Technical フォーラム

  • バイオ関連の実験をする上での、試薬、機器、プロトコールなどの情報交換の場です。
  • 新しいテーマで話を始める場合、質問をする場合は「新しいトピックを作る」から書き込みをしてください。
  • 質問に対して解答できる方は是非、書き込んで下さい。
  • このフォーラムにふさわしくないと管理人が判断した投稿は予告なく削除します。

新しいトピックを作る | トピック一覧 | 研究留学ネットに戻る

ひとつ前のフォーラム(readのみ)

このスレッドをはてなブックマークに追加このスレッドをはてなブックマークに追加

Vandesompele法の統計学的解析方法 トピック削除
No.9044-TOPIC - 2020/07/29 (水) 16:30:22 - リアルタイムPCR初心者
この度はじめてリアルタイムPCRを行いました。
同僚がΔΔCt法で研究を行っており、その方法を教わって実験していました。
同僚とは別の実験試料を用いた研究だったのですが、実験の過程で検量線作成して遺伝子の増幅効率を調べてみると、私の実験系ではハウスキーピング遺伝子や対象遺伝子の増幅効率にばらつきを認めました。このため、増幅効率を考慮した検討を行う方針としました。

調べたところ、Pfaffl法ではΔΔCt法と同じようにΔCtに対してT検定を行うということがわかりました。

複数のハウスキーピング遺伝子もリアルタイムPCRにかけて実験を行ったので、Vandesompele法でも発現量比を出してみました。しかし、複数のハウスキーピング遺伝子を用いるVandesompele法で、どのように統計学的な検討を行ったらよいのかが良くわかりません。

ご存知の方がいらっしゃれば、もしくは分かりやすい文献や書籍等ありましたら、御教授いただけないでしょうか。よろしくお願い申し上げます。
 
- このトピックにメッセージを投稿する -



1件 ( 1 〜 1 )  前 | 次  1/ 1. /1


Vandesompele法の統計学的解析方法 削除/引用
No.9044-1 - 2020/07/29 (水) 16:30:22 - リアルタイムPCR初心者
この度はじめてリアルタイムPCRを行いました。
同僚がΔΔCt法で研究を行っており、その方法を教わって実験していました。
同僚とは別の実験試料を用いた研究だったのですが、実験の過程で検量線作成して遺伝子の増幅効率を調べてみると、私の実験系ではハウスキーピング遺伝子や対象遺伝子の増幅効率にばらつきを認めました。このため、増幅効率を考慮した検討を行う方針としました。

調べたところ、Pfaffl法ではΔΔCt法と同じようにΔCtに対してT検定を行うということがわかりました。

複数のハウスキーピング遺伝子もリアルタイムPCRにかけて実験を行ったので、Vandesompele法でも発現量比を出してみました。しかし、複数のハウスキーピング遺伝子を用いるVandesompele法で、どのように統計学的な検討を行ったらよいのかが良くわかりません。

ご存知の方がいらっしゃれば、もしくは分かりやすい文献や書籍等ありましたら、御教授いただけないでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

1件 ( 1 〜 1 )  前 | 次  1/ 1. /1


パスワードを入力してチェックした記事を チェックした記事を

このトピックにメッセージを投稿する
名前 
メール   アドレス非公開
   タイトル 
本文      
設定  クッキーを保存(次回の入力の手間を省けます)
上に上げない(トピックの一覧で一番上に移動させません)
解決(問題が解決した際にチェックしてください)
暗証  半角英数字8-12文字の暗証番号を入れると、あとで削除、修正ができます。
送信 

〔使い方〕
  • 「アドレス非公開」をチェックすれば、自分のメールアドレスを公開しないで他の方からメールを受け取れます。
  • 問題が解決した際には、解決ボタンをチェックして解決した旨のコメントをつけてください。これは、初めにトピックを作った人と管理人のみが可能です。
  • 半角カタカナ、機種依存文字(全角ローマ数字、○の中の数字等)は文字化けの原因となりますので使わないでください。